オーストラリアの文化 国民の理解と良識が異なる

view of Sydney harbor bridge

オーストラリアは異民族国家であることは、誰もが知っていることです。

大人の4人に1人が、外国生まれで、バックグラウンドも違うため、考え方、生活習慣、
行動がかなり違います。

普通は、この違いを楽しんで、お互いに学びあうこともできますが、今回のコロナ対策を
万人に浸透させようとすると、かなり、無理が出てきます。

幼稚園の現場で働いて、”常識はどこへ行った?”と思わされることがありましたので
買いておこうと思います。

本記事の内容

幼稚園、保育園も初めて閉鎖になる

今回、6度目のロックダウンを迎えているビクトリア州。
もういつからまたロックダウンが始まったのか、思い出せないくらい、最近は常に何らかの
規制がかかっている感じがします。

でも、一昨日8月21日の州知事の発表で、初めて今でのロックダウンとは違う政策が
取られることとなりました。

その政策とは、子供の感染率は低いし、今まで大丈夫であろうとされてきた保育にも
ストップがかかり、

幼稚園、保育園も閉鎖される

ことです。

これまでは、コロナ感染で子供への陽性反応が少なく、幼稚園が閉鎖されることは
ありませんでした。 ですから、今回の、デルタ変異種の感染力は恐るべき高さで、
今回の陽性者の中にも8歳以下の子供もかなりの人数が含まれていたことに、
専門家チームも警告をしているわけです。

近隣の、保育園、いくつかの幼稚園もクラスターを出したホットスポットに挙げられていました。
これでビクトリア州は、いよいよ明日から正式に、幼稚園から高校生の12年生まで、
全ての生徒がリモートラーニングに移り変わります。

登園条件を満たす子供たちのみ登園可能という限定つき

”コミュニティー内の人の動きを抑えて、感染拡大を抑える”という

州政府の方針ですが、登園条件を満たす子供たちのみ、登園していいことになっています。

その、条件とは、

”子供のどちらか片親がAuthorised Workers ”で、もう一人の親が、諸事情から、家で
子供の面倒を見ることができない場合に限り、子供を幼稚園か保育園に行かせていいということです。このAuthorised Workerですが、医療関係者、警察関係者、教師、第一次産業従事者
(食糧流通関係含む)など、いろいろな条件があり、きちんとリスト化されています。

*どちらか片親がAuthorised workerの職に就いていて、Permitted Workers の証明書類を
雇用主から発行してもらい、園に提出できる。

*社会的地位、情緒、発達などの理由などで、継続する保育が必要とされる子供たち。

この職業についている家庭、そして、もう一つのVulnarable childrenの子供をざっと数えてみて、20名中8人ほどが、
登園してくるであろうと、私の予想では見積りを立てていました。

ところが、今日どうしても明日からのクラスに子供連れてきたい親たちが、
どんどん連絡をしてきててんてこ舞いでした。

その数は、予想人数をはるかに超えています。

そして、政府が提示しているPermitted workerに含まれない家族からの嘆願も入っています。

条件付きのお預かりでもその実態は

もちろん、正当な理由で登園できる子供もいますが、それ以外の子供も含まれています。

このWork Permit の証明書は、偽りの証言をすると罰金を取ることがあると、書面上では
書いてありますが、実は、自営業をしている人は誰もが簡単に発行できるものなので、
切羽詰まっている親は、その書類をメールでばんばん、送ってきていました。

去年、メルボルンで初めての自粛があったときに、
”自宅で子供の面倒を見られる親は、登園を控えてほしい”という要請がありましたが、
その時も、同様に、切羽詰まった親が、親戚の自営業者に頼んで書類を発行してもらったり、
専業主婦だったはずなのに、なぜか、急に夫の自営業を手伝っていることになり、
子供を見られないことになったりと、都合のいい理由を探して、
無理に、子供を幼稚園に預けようと必死の親が沢山いました。

職種で、書類が出せない親は、親類の祖父母を病気にして、介護のため、子供に手が回らないどうにかVulnarableの中に、
入れてもらえないかと訴えてくる人も。

最終的には、去年勤めていた園では、半数以上の子供が様々な理由で、カテゴリーにはいり、
園は、まるで通常保育さながらの園児を抱えての操業でした。

もちろん、そういう自分勝手な親ばかりではありません。

人によっては、

子供を園に行かせることはできるけど、先生たちへ、そうすることで感染の
可能性を高めてしまうので、自分が家で子供は見ます。
不要不急の外出は控えます。

というお心遣いを下さるありがたい方もいますから、本当に、人の見解、判断、行動はさまざまなのです。

閉鎖されているはずの公園にも人が集まっている

私は、幼稚園教師と、副業の療育サポートもどちらも、Authorised workerの枠に入りますので、
勤務地と時間を書いた雇用主からの証明を持参して、ロックダウン中も通常勤務となります。

先日、療育サポートでクライアントさんの家の近所に行ったら、閉鎖されている公園に
人がいっぱい集まって、春の陽気を楽しんでいましたし、通りに小学生も集団で集まって
遊んでいました。

クライアントさん曰く、バックグラウンドによって、ロックダウンの認識度、とらえ方が
違い、違反している人が多いとのことでした。

州知事は、「自分だけは大丈夫。コロナの陽性になるはずがない。」と思っている人がいるけど、
それは大きな間違いだから、デルタ変異種をあなどらないようにと、会見で訴えていましたが、
どう考えても、私が見た光景では、そう考えている人たちは、いないようにみえました。

豪州では皆が一斉に同じ行動をとるということはない

こういう現実を目の当たりにすると、本当に、単一民族が大部分を占める日本とは
違う国にいると、実感させられます。

⋆それぞれが違う深刻度のコロナ対策へのとらえ方
⋆自分一人ぐらいは、ちょっとぐらいは、これくらいはルールを破っても大丈夫だろう
⋆どうにかなるさ、という根拠のない楽天主義

どの国に住んでいても、こういう考えの人はいると思いますが、オーストラリアは
特に多いのが実態なのです。

今回は、たまたまコロナ対策でそれが表面化していますが、
ブッシュファイアーの時でも、水不足の時でも、自分さえよければと、
右に倣えの考え方で、皆が一斉に同じ行動をとることがない、自分の常識は、
別の人にとっては、非常識ということが日常茶飯事の異民族国家。

悪くいってしまえば、国民がそろって一つのゴールに一致することがない、
まとまりのない国、やはり移民国家といえます。

その一方で、多様性に富み、一つの解決策、手段に固守しない。
マイノリティーな考え方や、違いを受け入れることにも寛大な国家と言えるかもしれません。

虚偽の申請が見えても、人は人。心みだされずわが道をいこう

先週までは、全く違う職種にいたのに、今日の書類提出の時点で、なぜかAuthorised workerとして申請してきた親や、
自分の都合で子供を明日から登園させようと連絡してくる親。

その様子を見て、若い職員たちは、目を丸くして対応していました。

「一応、その実態を上司に報告しておいた方がいいけど、
私たちの立場上では、その提出書類が虚偽だとか、急に職種がなぜ変わったのかとかは言う立場でないよ。」

と、助手に伝えました。
結果、上司も私と同じ見解だったそうです。

アラフィフの私としては、社会には、色々な人がいて、自分の常識からは考えられないような人もたくさん見てきました。

そういう人たち、自分と違う人たちもいるのが社会であると、やりきれない気持ちは流して、
自分の仕事、役割に徹するのが、情緒的に疲れない秘訣なのではと、最近思います。

自分がコントロールできることは、するけれども、それ以外のこと、どうしようもないことは
仕方ないと、割り切る。 こうすることで、自分の気持ちの浮き沈み、そこから感じる疲労感を
減らせると思います。

明日、登園してくる子供たち。
例え親が無理やりに用意した、書類で登園してきたとしても、子供たちには何の罪もないわけで、私は、くれぐれもそういう背景は抜きで、できる限りの仕事をしようと、
思って、明日は登園するつもりです。

view of Sydney harbor bridge

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
本記事の内容